自分の直観を信頼する

こんにちは、なおです♪

ちょっと更新が滞り、ごめんなさい。

そうこうしているうちに
寄りそう皇后美智子さま 皇室の喜びと哀しみと』の
発売がスタートして
大きな反響をいただいています。
よろしければぜひ、ご一読くださいませ。
http://kilei.ocnk.net/product/250

k150429

 

さて、いつかどこかで書いたかもしれないんだけれど
宇宙さんとお話ししたいと思った時に
だいたい、ふと見た数字
たとえば前を走ってる車のナンバーとか
咲いているお花とか
パッとネットを開いたときに出てくる記事とか
(ながーいことサーフィンしてるときのは、違うことが多い。
 自我が求めたものが出る気がする)
そういうのでメッセージもらえると思うのね。

でも、時々なんだけど、ふと、
言葉でほしいなあと思う時があって
そんなときは
私はひとつだけタロットカードをもっていて
OSHOタロットっていうんだけど、それを引きます。
詳しいことは分からないから、ただ1枚引くだけ。

ことの経緯はメルマガに書こうと思うんだけれど
(無料メルマガ登録はこちら ↓
       http://kilei.net/mail_magazine/
私のところには、仕事柄、良くも悪くも
普通より、ちょっとだけど早く情報が入ってくるんですね。
で、最近、その情報の動き方が
ちょっと変わってきているように感じるんです。

出版は情報を発信する仕事なわけなので
その中でどういうことをやっていくのが最善なのか。

そんなことを考えていたら
先日、ある先生から
唐突に私の魂の目的を教えていただいて
最後に「なおこさんの役割は、驚くほど大きいよ」と
愛にあふれてるけど、
おっそろしく強烈なプレッシャーをかけられ。

もうなんやねん!
どないせいっちゅうねんっ!

と思って今朝起きたら
なぜかOSHOタロットのボックスが机の上にあって。

引け…ということね。

引きました。

出たのは
「0. THE FOOL(愚者)」

201505150846000

私一人へのメッセージではないような気がしたので
以下に抜粋を残したいと思います。

********************************************************************
「0. THE FOOL(愚者)」

 愚者とは、信頼しつづける者のこと。
 タオイストの意味で、禅の意味で、愚者であるがいい。
 たえず自分の心(マインド) をきれいにしつづけるがいい。
 過去に死につづけるがいい。

 最初のうちは、それはひじょうにむずかしいだろう。
 世間があなたを利用しようとしはじめる……
 そうさせておけばいい。
 ほんとうの意味であなたのものを
 あなたから奪い取ることなどできないからだ。

解説:

 瞬間から瞬間へ、しかも一歩ごとに、
 「愚者」は過去を後にします。
 彼は手にした白い薔薇(ばら) で象徴される
 自分の純粋さ、無垢、そして信頼以外のものは
 なにひとつ携えていません。

 身につけているベストの模様は
 タロットの4つの要素の色をすべて含み、
 彼が自分のまわりにあるすべてと
 調和を保っていることを示しています。
 「愚者」の直観の働きはそのピークに達しています。

 未知へのこのジャンプをするにあたって、
 「愚者」はこの瞬間に宇宙の支えを得ています。
 生という川のなかで冒険が彼を待ち受けています。

 このカードは、まさにいま、自分の直観、
 ものごとの「正しさ」という自分のフィーリングを
 信頼することができたら、
 あなたは間違うことなどありえないことを示しています。

 あなたの行動は他人の目には「愚か」に映るかもしれません。

 あるいは、もしあなたが自分の行動を
 合理的な頭(マインド) で分析しようとしたら、
 あなた自身から見ても「愚か」に見えるかもしれません。

 しかし、「愚者」が占めている「ゼロ」の場所は、
 数のない数(ナンバーレス・ナンバー) で、
 懐疑と過去の体験がガイドなのではなく、
 信頼と無垢がガイドである場所なのです。

********************************************************************

たぶん時代が大きく変わり始めています。
今はその胎動の時
だから情報が混在しています。
でも、すべてにおいて言えることは
過去を、あるいは過去に導き出された知識を
頼っていたのでは、
それは苦しい時代の延長にしかならない。

いのち、そのものが目醒めるときを
迎えようとしているんだと思います。

たから、こんな小さな私なのに
こんな大きなイベントとかを
常識的に考えるとなーんの利益もないのに(笑)
お手伝いしようとしているんだろうなと思ったりしています。
共鳴共振される方が、
すでに九州や四国、関東からもお申込みをくださっています。
これをここまで読んでくださったあなたも
ぜひその直感を信じてご一緒くださいましたら幸いです^^
 ↓
7月5日(日)
「いのち、目醒める」
舩井フォーラム関西大会(大阪オーバルホール)
http://kilei.net/event/funai_forum_kansai2015/

2015年5月15日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko