「聖書を創ること」

おはようございます♪

16日、赤塚高仁さんの姫路講演会に参加
赤塚さんとあるディープな「聖なる約束」をして
(内容は時が来たら発表しますのでお楽しみに^^)
その後、実は17・18日、
急に、でもひっそりと
私の第二の故郷、そして第二の人生の出発地
高知に出かけてきました。

深いふかい緑
瀬戸内海とは違う荒っぽくてかっこいい海
キラキラの太陽
出逢う人たちのあけっぴろげなお人柄
あちこちから流れくる太古からの息吹
みーんな変わってなかった。

そして、そのために行ったんじゃないんだけど
旅の終わり、思いがけず
毎週のように通っていたテニスコートの前
そして4年と少しを過ごした
最愛の人が突然倒れ、息を引き取ったそのマンションの前を通り
家族三人でよく行ったレストランに行って
よく座った席に座ってコーヒーを飲みました。

懐かしくて、とても楽しくて
優しい時間でした。

高知を離れて11年
何度か訪れてきたけれど
我慢するんじゃなくて
一度も悲しみの涙が流れなかったのは初めてのことでした。

決して美化するのでもなく
悲劇のヒロインになるのでもなく
キラキラ輝く宝物として過去を心静かに眺められること
私は「今ここ」にあって、私らしく生きられていることを
素直に嬉しく思いました。

その日はちょうど新月
そして昨日からは水星が逆行を始めました。

コミュニケーションや交通、情報を司る水星が
見かけ上逆に運行するこの期間は
6月中旬まで続きます。
いろいろとミスやすれ違い、遅れ、膠着が起こりやすい。
(パソコンはこまめにバックアップね!!)
それにプラスして
過去との邂逅ということがよく言われます。
過去に残してきた必要なことに出逢うという感じかな。

昔は、水星逆行の時は交渉ごとや
新しく物事を始めるのはダメとか
マイナスに捉える向きが強かったんだけれど
今はこの期間の特徴をしっかりつかんで
最近会ってないけど大好きな友人に連絡するとか
もめるのは、それが必要だからとしっかり疎通をはかって
より絆を強くするとか
過去に乗り越えられなかったこと、やり残したことに
しっかり向き合い、囚われから抜け出すとか
プラスに捉えて過ごすことが勧められるようになっていて
とっても素敵だなと思います。

ただ、高知にいる時にすこし感じたのだけれど
それよりももうちょっと深い意味が
今はあるような気がしています。

つながるのは個人的な過去ばかりではなくて
もっと全体の過去
今のこの時代の悲しみや恨みを超えて
はるか昔、私たちへのつらなるいのちを「神」と呼ぶような
そんな太古の、宇宙の愛や叡智との邂逅が
心を澄ませば起こる……。

そんなふうなことがふと心をよぎったそのとき
見上げた空では
すばらしい光景が繰り広げられていました。
ガラケーの写真じゃ伝わらないかもしれないけれど
たくさんのいのちが
喜びとともに羽ばたくような。

 

2015/ 5/19 18:53

 

福音、という言葉が
ふわりと心に湧いてきました。

「私の仕事は聖書を創ること」

口走ってしまったのは伊勢の地でした。
編み出す言葉の一つひとつが
著者先生方の宇宙との約束を果たすご本となって
触れてくださる皆さまの心と魂の扉を開きますように。

さ、今日もお仕事がんばりまーす♪
皆さまも素敵な一日をお過ごしくださいね~☆

2015年5月20日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko