『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』 予約受付中です。

現在ご予約受付け中です。
9/22より順次発送いたします。

『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』
中矢 伸一(著) 舩井 勝仁(著) 2016/09/22(発売日)

神道、宗教の本質、天皇論、
正しい食のあり方と健康法、金融経済と闇の勢力……。
何よりも大切なのは、
森羅万象に現れる◯ゝ(マルチョン)の片鱗を感じ取り、
誰でもない貴方自身が今すぐに動き出すこと。
超巨大な変化の大波を乗り超えて、
大調和の「ミロクの世」の扉を開くために
命がけで情報を発信する二人が示す、必読の実践書!

2016年9月18日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

ブログをリニューアル!

2016年5月2日よりブログをリニューアルしました。

http://naoblog.kilei.net/

image1

今夏を目途にきれい・ねっとのことを

もっと知っていただけるような

わかりやすいサイトを目指し、

きれい・ねっとのサイトもリニューアル予定です。

2016年5月14日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

内なる神性の望み

おはようございます、なおです♪

最近よく思うのは
無理しなくても
本当に必要なことならば、
つまり宇宙というか、内なる神性の望みであれば
向こうから追いかけてくるんだなあっていうこと。

たとえば映画。
テレビとか映画は見始めると他のことができなくなるので
基本的に見ない生活をしています。
息子もそのとおりだから
自宅ではテレビは主電源から切っていて
録画したものを日曜日に実家で見るという感じ。

「かぐや姫」見たほうがいいよって言われたんだけど
そのときは納期が迫る仕事がいくつもあって
そんなの無理だよーって思ってた。
そうすると、美容院に行った時
偶然、お客様のキャンセルがあってお店には誰もいなくて
これまた偶然美容師さんがDVDを借りたそうで
カットしてもらいながら上映会となりました。

「私は生きている実感がほしかった」

体調が悪かったこともあって
生きることにすこし自信を失いかけていた私にとって
あのメッセージは必要な、強く心に残るものでした。

で、今度は「LUCY」
私、アクションというかバイオレンスというか
もう、とてつもなく苦手なので
さわりだけ見て、絶対無理と拒否反応!
脳を100%使える感覚が実に興味深い
尚子さん絶対見たほうがいいって
いろんな人からかなり言われたんだけど、
それでも感情がイヤーッと思うからお茶を濁してた。

現実化ってあるんだよね。

ついに先週東京行ったときに
「尚子さん、これ私見たから
 差し上げるから必ず見てね」
断れない方からDVDがやってきてしまいました。

見ました。
ときどき、目つぶりながらだけど(苦笑)。
車がプジョーだったり
ヨーロッパっぽさがあるなあって思ったら
レオンの監督さんだったのね。

感想はネタばれになるので控えるとして
結論だけ言うと、必要でした。

今日満月で
12日になると時間・情報・コミュニケーションなどを司る
水星が順行に戻ります。
「個人のレベルを超えるような過去との邂逅」
ということを前に書いたけど
過去のいろいろに向きあったり
クリアにするのに最善のときなんだろうなと思います。

思い立ったが吉日なので
今クリーニングを済ませられなくてもいいんだけれど
そうすると、ここからは
今まで以上にしんどいかもしれません。

時間のスピードがさらに加速するので
分かりやすくいうと、
情報が加速度的に多く入ってくるようになるので
過去も一緒に抱えていると
精神的にきつすぎるのね。
いかにフォーカスの切り替えをうまくやっていくかが
とっても大切なポイントになると思います。

たぶんその集大成みたいなのをしたくって
7月5日の舩井フォーラム関西大会は
ある意味、宇宙の望みとして具現化したんだろうなと感じています。
昨日は、丸山先生から
良い会にしましょうとメッセージをいただきました。

それにきっと
その前日7月4日に伊勢にて開催の今野華都子先生の
洗顔洗心塾全国大会も
たぶんそうなんだろうと感じています。
(なんと、そちらにも私、参加する予定)

明日からは、そんな「いのち、目醒める」
舩井フォーラム関西大会について
どんどんお知らせしていきたいと思います。
http://kilei.net/event/funai_forum_kansai2015/

では、皆さま今日も一日楽しくがんばりましょうね~☆

2015年6月3日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

「聖書を創ること」

おはようございます♪

16日、赤塚高仁さんの姫路講演会に参加
赤塚さんとあるディープな「聖なる約束」をして
(内容は時が来たら発表しますのでお楽しみに^^)
その後、実は17・18日、
急に、でもひっそりと
私の第二の故郷、そして第二の人生の出発地
高知に出かけてきました。

深いふかい緑
瀬戸内海とは違う荒っぽくてかっこいい海
キラキラの太陽
出逢う人たちのあけっぴろげなお人柄
あちこちから流れくる太古からの息吹
みーんな変わってなかった。

そして、そのために行ったんじゃないんだけど
旅の終わり、思いがけず
毎週のように通っていたテニスコートの前
そして4年と少しを過ごした
最愛の人が突然倒れ、息を引き取ったそのマンションの前を通り
家族三人でよく行ったレストランに行って
よく座った席に座ってコーヒーを飲みました。

懐かしくて、とても楽しくて
優しい時間でした。

高知を離れて11年
何度か訪れてきたけれど
我慢するんじゃなくて
一度も悲しみの涙が流れなかったのは初めてのことでした。

決して美化するのでもなく
悲劇のヒロインになるのでもなく
キラキラ輝く宝物として過去を心静かに眺められること
私は「今ここ」にあって、私らしく生きられていることを
素直に嬉しく思いました。

その日はちょうど新月
そして昨日からは水星が逆行を始めました。

コミュニケーションや交通、情報を司る水星が
見かけ上逆に運行するこの期間は
6月中旬まで続きます。
いろいろとミスやすれ違い、遅れ、膠着が起こりやすい。
(パソコンはこまめにバックアップね!!)
それにプラスして
過去との邂逅ということがよく言われます。
過去に残してきた必要なことに出逢うという感じかな。

昔は、水星逆行の時は交渉ごとや
新しく物事を始めるのはダメとか
マイナスに捉える向きが強かったんだけれど
今はこの期間の特徴をしっかりつかんで
最近会ってないけど大好きな友人に連絡するとか
もめるのは、それが必要だからとしっかり疎通をはかって
より絆を強くするとか
過去に乗り越えられなかったこと、やり残したことに
しっかり向き合い、囚われから抜け出すとか
プラスに捉えて過ごすことが勧められるようになっていて
とっても素敵だなと思います。

ただ、高知にいる時にすこし感じたのだけれど
それよりももうちょっと深い意味が
今はあるような気がしています。

つながるのは個人的な過去ばかりではなくて
もっと全体の過去
今のこの時代の悲しみや恨みを超えて
はるか昔、私たちへのつらなるいのちを「神」と呼ぶような
そんな太古の、宇宙の愛や叡智との邂逅が
心を澄ませば起こる……。

そんなふうなことがふと心をよぎったそのとき
見上げた空では
すばらしい光景が繰り広げられていました。
ガラケーの写真じゃ伝わらないかもしれないけれど
たくさんのいのちが
喜びとともに羽ばたくような。

 

2015/ 5/19 18:53

 

福音、という言葉が
ふわりと心に湧いてきました。

「私の仕事は聖書を創ること」

口走ってしまったのは伊勢の地でした。
編み出す言葉の一つひとつが
著者先生方の宇宙との約束を果たすご本となって
触れてくださる皆さまの心と魂の扉を開きますように。

さ、今日もお仕事がんばりまーす♪
皆さまも素敵な一日をお過ごしくださいね~☆

2015年5月20日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

自分の直観を信頼する

こんにちは、なおです♪

ちょっと更新が滞り、ごめんなさい。

そうこうしているうちに
寄りそう皇后美智子さま 皇室の喜びと哀しみと』の
発売がスタートして
大きな反響をいただいています。
よろしければぜひ、ご一読くださいませ。
http://kilei.ocnk.net/product/250

k150429

 

さて、いつかどこかで書いたかもしれないんだけれど
宇宙さんとお話ししたいと思った時に
だいたい、ふと見た数字
たとえば前を走ってる車のナンバーとか
咲いているお花とか
パッとネットを開いたときに出てくる記事とか
(ながーいことサーフィンしてるときのは、違うことが多い。
 自我が求めたものが出る気がする)
そういうのでメッセージもらえると思うのね。

でも、時々なんだけど、ふと、
言葉でほしいなあと思う時があって
そんなときは
私はひとつだけタロットカードをもっていて
OSHOタロットっていうんだけど、それを引きます。
詳しいことは分からないから、ただ1枚引くだけ。

ことの経緯はメルマガに書こうと思うんだけれど
(無料メルマガ登録はこちら ↓
       http://kilei.net/mail_magazine/
私のところには、仕事柄、良くも悪くも
普通より、ちょっとだけど早く情報が入ってくるんですね。
で、最近、その情報の動き方が
ちょっと変わってきているように感じるんです。

出版は情報を発信する仕事なわけなので
その中でどういうことをやっていくのが最善なのか。

そんなことを考えていたら
先日、ある先生から
唐突に私の魂の目的を教えていただいて
最後に「なおこさんの役割は、驚くほど大きいよ」と
愛にあふれてるけど、
おっそろしく強烈なプレッシャーをかけられ。

もうなんやねん!
どないせいっちゅうねんっ!

と思って今朝起きたら
なぜかOSHOタロットのボックスが机の上にあって。

引け…ということね。

引きました。

出たのは
「0. THE FOOL(愚者)」

201505150846000

私一人へのメッセージではないような気がしたので
以下に抜粋を残したいと思います。

********************************************************************
「0. THE FOOL(愚者)」

 愚者とは、信頼しつづける者のこと。
 タオイストの意味で、禅の意味で、愚者であるがいい。
 たえず自分の心(マインド) をきれいにしつづけるがいい。
 過去に死につづけるがいい。

 最初のうちは、それはひじょうにむずかしいだろう。
 世間があなたを利用しようとしはじめる……
 そうさせておけばいい。
 ほんとうの意味であなたのものを
 あなたから奪い取ることなどできないからだ。

解説:

 瞬間から瞬間へ、しかも一歩ごとに、
 「愚者」は過去を後にします。
 彼は手にした白い薔薇(ばら) で象徴される
 自分の純粋さ、無垢、そして信頼以外のものは
 なにひとつ携えていません。

 身につけているベストの模様は
 タロットの4つの要素の色をすべて含み、
 彼が自分のまわりにあるすべてと
 調和を保っていることを示しています。
 「愚者」の直観の働きはそのピークに達しています。

 未知へのこのジャンプをするにあたって、
 「愚者」はこの瞬間に宇宙の支えを得ています。
 生という川のなかで冒険が彼を待ち受けています。

 このカードは、まさにいま、自分の直観、
 ものごとの「正しさ」という自分のフィーリングを
 信頼することができたら、
 あなたは間違うことなどありえないことを示しています。

 あなたの行動は他人の目には「愚か」に映るかもしれません。

 あるいは、もしあなたが自分の行動を
 合理的な頭(マインド) で分析しようとしたら、
 あなた自身から見ても「愚か」に見えるかもしれません。

 しかし、「愚者」が占めている「ゼロ」の場所は、
 数のない数(ナンバーレス・ナンバー) で、
 懐疑と過去の体験がガイドなのではなく、
 信頼と無垢がガイドである場所なのです。

********************************************************************

たぶん時代が大きく変わり始めています。
今はその胎動の時
だから情報が混在しています。
でも、すべてにおいて言えることは
過去を、あるいは過去に導き出された知識を
頼っていたのでは、
それは苦しい時代の延長にしかならない。

いのち、そのものが目醒めるときを
迎えようとしているんだと思います。

たから、こんな小さな私なのに
こんな大きなイベントとかを
常識的に考えるとなーんの利益もないのに(笑)
お手伝いしようとしているんだろうなと思ったりしています。
共鳴共振される方が、
すでに九州や四国、関東からもお申込みをくださっています。
これをここまで読んでくださったあなたも
ぜひその直感を信じてご一緒くださいましたら幸いです^^
 ↓
7月5日(日)
「いのち、目醒める」
舩井フォーラム関西大会(大阪オーバルホール)
http://kilei.net/event/funai_forum_kansai2015/

2015年5月15日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

いのちを愛おしむことの大切さ

おはようございます、なおです♪

東京出張から帰ってきたら
いろーんな方からメールやお電話でご連絡をいただいていて
なかなかお返事が追いつきません、ごめんなさい。

期限があるものから対応しているので
まだお返事きてないよという方
もうちょっとお待ちくださいね^^

 

いま、ゴールデンウィークあたり発刊で
人類遺伝学博士の金鋒氏と
薬を使わない精神科医の宮島賢也氏の
対談本『共生菌の時代がやってきた』を
なぜかつくっているのだけれど
(ほんとにね、今年もいろいろつくってるんです)
私たちと一緒に暮らしてる
腸内の菌さん(共生菌)がいかに大切なのかということが
やっと世の中に出てきたんだなあというのが
しみじみ感じられます。

で、共生菌ちゃんたちが暮らしている腸内が
いろーんなもので汚れてしまって
血液が汚れたり
低体温になったりすることが
ほとんどの病気の原因になっている。

そのお掃除部隊を身体に入れていこうっていうのが
『共生菌の時代がやってきた』の主旨にもなるのだけれど
その前にやることがあってですね。

ここに気づいてアプローチしていくのが
5月下旬発刊の
野崎友璃香さんの『ハワイアンデトックス』

ハワイの海洋深層水と同じ成分のお水を中心とした
日本で言うところの半断食にトライすることで
すでに溜まってしまっている腸内の老廃物を
しっかりと出してしまうというデトックス法です。

 

呼吸とおんなじで
まず出してきれいにして
それから入れていかないといけないのね。

心身魂、すべてはつながっている
私たちのいのちそのもの。
バランス良く大切に愛おしんでいきたいですね。

 

さて、すでにお申込みも入ってきている
7月5日(日)開催の
舩井フォーラム関西大会(大阪オーバルホール)。
http://kilei.net/event/funai_forum_kansai2015/

 

大会のテーマは「いのち、目醒める」
(写真はもうすぐ仕上がるチラシです♪)

2015041913310000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生方のお話、アーティストによる舞や歌
ブースに並ぶ輝く取れたてお野菜や本物商品の数々
そして、今ご紹介した
きれい・ねっとのご本たちももちろん並ぶ予定です。

それぞれのいのちの目醒めのために必要なテーマが
あふれる一日となることを意図して
着々と準備を進めていますので
ぜひぜひ、皆さまお運びくださいね~♪

2015年4月24日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

すばらしき未来を手渡せるよう

おはようございます♪

昨日、雨の中たつきは元気に
少林寺拳法の2段の昇段試験に出かけていき……

 

 

無事に合格しましたー♪

 

 

あー、もうよかったよー。
本人五分五分だと言ってたから
どう慰めようかと思ってたのね。

保育園卒業の時に園長先生から
(曹洞宗のお寺の保育園)
ここまで鍛えてきた心身魂をさらに鍛えていくために
何か武道をやりなさいと言われて始めたのが少林寺拳法。

たつきはどちらかというとけんかが苦手で
穏やかな性格なので武道はちょっとなあと思ったのですが
自分からの攻撃を禁じていて
型の修錬や座禅を大切にする少林寺拳法なら
続けられるんじゃないかと思ったのです。

それがピッタリはまったのかな。
小学校1年生で始めたときには何十人もいたお友達が
一人減り二人減り
やがてたった一人になってしまって
それでも頑張って続けてきました。

中学生になってからは、小学生の面倒を見ながら
大人に混じって修練させていただいてきました。
厳しくも優しく力強い男性の先生方のサポートも
たつきにとっては得難くありがたいものだったと思います。

私は送り迎えくらいしかできないんだけどね。
(すこし遠くて終わるのが夜なので自転車は無理だった)
でも、8年間週2回
仕事をやりくりしながら、けっこう大変だったかも。
出張が入って泣かれたときは
なんかもう、犯罪者みたいな気分になって
一生懸命謝ったなあ。

お母ちゃんって不思議な稼業だなあと
しみじみ思います。

2段を受けるには身体もまだ小さいので
合格の可能性は5分5分だと聞いていて
でも、道院長先生の推薦がいただけるところまできただけでも
(推薦がないと受けられない)
よくがんばったなあと思って
そんなわけで、とにかくどう慰めようか思案していたのです。

 

実は本当は昨日は大好きな今野華都子先生の教室が
なんと姫路で開催されていて
午前中はものすごーく参加したい
洗心洗顔塾なんだけれど、そこはグッとこらえました。

たつきの合格が分かってから
時間ギリギリに午後からの華都子塾に行ったものだから
思わず主催の黒田さんや
今野先生にまで報告しちゃいました。←親ばか

 

今日は今日とて
今から新幹線に乗って東京に行きます。
永田町の憲政会館で拳法…ちがう憲法について学びます。

たつきをはじめ子供たちに
すばらしき未来を手渡せるよう
しっかりと学びを深め、良きご本を創り
皆さまにお伝えできるようにしたいです^^

では、行ってきまーす♪

 

追伸
1.舩井フォーラム2015関西大会の申込みサイトができました。
 見てね^^
http://kilei.net/event/funai_forum_kansai2015/

2.おにいるそうこさんの『四つの天使の物語』発売開始です。
 ぜひ見てね^^
http://kilei.ocnk.net/product/249

2015年4月20日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

私の仕事

こんにちは、なおです♪

昨日消しちゃったと書いた内容
消しちゃったら、いかにどうでもよかったかが分かって
モヤモヤはすっかりモヤモヤではなくなってしまいました。

で、朝いつものように瞑想もどきをしていて
これはたぶん
ジャンプする前の感情の揺れなんだろうなあ
それが現象化しているんだろうなあと思いました。

ああ、もうすぐ新月ですものね。

さて。

本というか、すべての自己表現は
外に向かうものなんだけれど
その影響範囲というのはほんとうに様々なのですね。

昨年初めて、2冊のご本を
委託で書店さんに置いていただくということに
チャレンジしてみたんだけれど
半年後、本当にかなりの冊数が返本になりました。
注文販売でも多少は出てくるんだけれど、桁が違ってた。

あきらめきれずお金をかけて返送してもらったんだけど
返ってきた本はやっぱりボロボロで
再出荷は難しい状態でした。

すばらしい内容なんです。
たくさんの方に読んでほしいと思って大切に出荷しました。
でも、つくった多くがゴミになるというのは、本当でした。

素直に悲しかった。
出版業界は、ほんとうにこの現状を
ちゃんと見つめないといけないと思う。

そこから、じゃあ、きれい・ねっとは
どうしていくのかということを考えた時
いろいろと「売れる戦略」をして
儲けていくということも悪くはないし
必要に応じてやっていこう、いかなくちゃとは
思っているのだけれど
そればっかりというのは、性に合わないんだよね。

いまのきれい・ねっとのご本は、冊数としたら
出版業界では「失敗」と言われるような冊数になるんだろうけど
でも、そのほとんどがちゃんと必要な方のところに届いてる。
出版社にとっても、著者様にとっても
一獲千金なんてことは全然ないんだけれど
でも、本をつくる目的に立ち帰った時に
目標がベストセラーというのは、ちょっと違うんじゃないかと思うから。

昔書いたことがあるのだけれど
911のときに有名になった「千の風になって」は
お店の紙袋に書いてあった拙い走り書きが
もとになっているのだそうです。

ほんとうに人の琴線に触れる言葉、表現というものは
気負いなく、シンプルなところから
自然にあふれてくるものなんだろうと思います。

もちろん著者も出版社もつくった以上は
読んでもらうためにがんばるんだけれど
それとはまた別に
それが世に必要な言葉ならば
今すぐじゃなくても、必ず様々な人の口にのぼるようになる。

そしてこのパワーが、ヒューレン博士が教えてくださった
本の持つエネルギーっていうものなんだろうと思う。

食べ物とか医療とかそういうのと同じで
読む人もそのエネルギーを感じ取れるように
変革が求められているのかもしれないなあ。

もしかすると、ご本をつくるということとともに
こういうことをお伝えしていくのも
私の仕事なのかもしれないなあと思いつつ。

さ、あと半日もしっかりお仕事がんはろ~う♪
皆さまも楽しい時間をお過ごしくださいね^^

2015年4月17日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko

消しちゃった

こんにちは~♪
今日は久々の独り言です。

 

……と。

 

いろいろあって
ちょっと愚痴っぽいことを書いていたんだけど
思いきって消しちゃいました。

そりゃまあ、いろいろありますよね。

最後に書いた文章だけ
ほんとにそのとおりだと思うので残します。

 

************************************************************

その昔、イハレアカラ・ヒューレン博士が
「本というのは、書いた時や内容よりもむしろ
 今ここのその著者、あるいは出版社の
 エネルギーレベルのエネルギーを発しているんだよ」
と教えてくださったことがあります。

あのときの身震いするような想いを決して忘れることなく
しっかり励んでいきたいと思います。

************************************************************

 

これって本だけじゃなくいのちが創りだすものすべて
つまり、いのち自身もそのとおりですよね。

さ、すっかり夕方ですが
残りの一日も皆さまどうぞご一緒に、心いっぱい楽しみましょ~うネ☆

2015年4月16日 | カテゴリー : つれづれ | 投稿者 : Yamauchi Naoko