著者紹介

  • 長 典男 ちょう のりお

    慈空庵代表
    中学3年の時、偶然立ち寄った護国寺で運命的に出会った僧侶に導かれ、和歌山県の高野山にて真言宗金剛峯寺派の在家僧侶として修行。22歳まで活動したあと、還俗。現在は自らの「見えないものを見る力」を生かし、人生相談や情報提供を行っている。

    発行書籍

    著書の購入はこちら
  • この星の未来を創る一冊を