ブログこの星の未来の創り方

2016.08.11

偶像崇拝の本質

中矢伸一先生と舩井勝仁さんの

共著の編集が最終段階に入っています。

 

これは対談のときの写真。

 

 

録音を聞いていたら

私ったら失礼にも

中矢先生の優しさが伝わる本にしたいと

一生懸命言っていました。

その時中矢先生は

ニコニコ笑ってくださっていました。

(穴があったら入りたい……トホホ)

 

中矢先生のご本やご発信には

とっても厳しいことを

書いてあることが多いです。

特にスピリチュアルな人に関しては

自分のことばかりで

エゴエゴの「お花畑」だって

容赦がないことこの上ない。

あと、「反日勢力」への発言も

ほんっとに舌鋒鋭い。

(「反日勢力」については誤解も多いので

 本書内でしっかり言及する予定)

 

で、そうすると読者がね。

やっぱり圧倒的に男性が多いのです。

 

でも、しっかり読んでいくと
女性にも伝わってほしいことがたくさんある。

それに先生は、実はものすごく

優しくて愛に満ちていて

すごくスピリチュアルな方なのです。

 

だからこそ、

精神世界のことを学んだならば

ちゃんと現実に、

そして世のため人のために

大切ないのちを活かしなさいという

叱咤に違いないと私には思えるのです。

 

みんなが振り向いて、

ハッとしてくれるように

それを祈って手厳しいことを書かれている。

いい加減気づいてくれよと

ちゃんと本気でミロクの世を目指そうよと

そんな想いで発信されているんですね。

 

さて、ちょっと話は変わりますが

 

今は宗教に関する部分を仕上げていて

偶像崇拝のことが出てきています。

 

まとめていて感じたのは

だから、ここからは

本の内容とはちょっと違うのだけれど

 

偶像崇拝というのは

なんなんだろうと考えていくと

それは祖先を敬う心なんだろうなと思うのです。

神話もきっとそう。

 

名前のある神さまたちっていうのは

きっと叡智あるその地の祖先の方々。

宇宙の根源は語らないけど

真理を探究して根源とつながって

知り得たことを

子孫のために文字にして

あるいは型に落とし込んで残してくださったのね。

 

中には自己顕示欲の場合も

あるかもしれないけど……。

 

結局そこから

学び気づき実践するのは自分だから

御利益を求めたりなんかしたら

あーあ、まだそんなところにいるの?って

失望されちゃうよね。

 

その時空を超えた

天意、宇宙の根源の意志と

しっかりつながり合った愛に

こうべを垂れずには

手を合わせずにはいられない。

それが偶像崇拝の本質なんじゃないかなと

そんなことを思います。

 

マリアさまのような母でありたい。

イエスさまが「婦人よ」と語りかけた時

いのちを預かる期間が終わることを

愛する息子の自立を悟り

「この方の言われるとおりに」と言える

そんな母でありたいと

そう思う気持ち

それを示してくださることへの

感謝と畏敬の気持ちは

宇宙の根源とつながる信仰と

矛盾するものでは決してないんじゃないかな。

 

そんなことを想うのです。

 

良いご本になりますように

愛と祈りをもって

ここは舩井流にいこうかな

「命がけで」編集にあたります。

 

どうぞ楽しみになさってくださいね♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ~♪
****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
~ 封印が拓かれるとき ~
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
https://kilei.net/mail_magazine/

****************************************

この星の未来を創る一冊を