ブログこの星の未来の創り方

きれい・ねっと > ブログ > ひとりごと > 敵をつくっているのは…

2016.11.05

敵をつくっているのは…

今日はちょこっと

批判ぽく聞こえたら
ごめんなさいな話になっちゃった。

 

舩井フォーラムの最後と

先日の京都の

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出版記念講演会で

朗読をしたのだけれど

(ごめんなさい、これ本とかにはなくて

 原文は私の手書きしかありません。

 しかも実際読んだのとはちょっと違うのです)

最初が

聖書の創世記から始まるのです。

 

なぜ創世記を読んだのか

それはぜひ

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

お読みいただければと思いますので

お読みになってみてくださいね。

 

で、そうするとね。

こんなことをおっしゃる方がいたんです。

 

「なおちゃん、なぜ聖書なんか読むの?

 やまとの神話のほうがすばらしいのに」

 

?

 

『日月神示的な生き方』ができた時には

「あれは聖典なんかじゃないよ」という

お声もいただきました。

 

??

 

たしか『美しく生きる』ができた時には

古事記は時の為政者によって

内容を歪められてるとのお声が。

 

???

 

さて、これから「教育勅語」のご本を

お手伝いするのだけれど

いったいどうなることやら……。

 

これは私の想いなのだけれど

著者様が

聖典かもしれないし人物かもしれないし

なにがしかのメソッドかもしれないし

ご自身の経験かもしれない

そこにたしかな光を観て

それを私は感じて

だからこそ

その光を言葉に落として

皆さまのところにお届けしたいと思い

ご本を創らせていただいているのです。

 

もちろん

どっちが新しいとか古いとか

優れているとか劣っているとか

正しいとか正しくないとか

まあ、どれも人の手を通っている以上

そういうことも

あるのだろうとは思います。

 

だから当然

礼讃したり

依存したりではダメだし

そういうところを見つけて

冷静に指摘してくださるのは

いいのかなと思うんだけどね。

 

でも、わざわざ言ってこられる方って

ほとんどがたぶん、

これがいちばん大きいと感じるのよ。

 

自分の想いとか感性とフィットしない。

 

自分にリスペクトしているものがあって

それと違うものを

下に見る、比べる意識が働いている。

 

ひとつを深く追求することは

とてもすばらしいことだと思うのです。

 

だけど

ほんっとうに追求されている方は

他と比較なんてされない。

 

むしろその良さを

きちんと見つけられ

活かされているように感じられます。

 

私は赤塚さんに教えていただくことで

聖書や古事記や教育勅語

というよりも

大和とユダヤの民族に流れる

同じ光を

違和感なく共有することができたと

感じています。

 

その赤塚さんは『日月神示的な生き方』を

読んでくださって

あまり好きではなかった「日月神示」に

光を感じてくださった。

 

いま、まとめさせていただいている

空海さまのお話にも

私は共通する光を観ています。

 

もちろん、あなたと私が違うように

その光の色も違うけれど

 

そして、私やあなたが

日々のなかで淀み

時には闇におちて

クリーニングの必要があるのと同じで

時代の流れの中で

その光にいろいろな汚れがついている

場合もあるけれど

 

でも、私たちに向けて

残してくださった言葉たちの

根底に流れる愛は

間違いのない真実だと思う。

 

そうして

光と光が

場所や時代を超えて

いま実体をもって生きる私たちと

接点を持ち

化学反応を起こし

浄化され研ぎ澄まされて

本質へと向かう大きなエネルギーが

生み出されていくことが

これからの世の中を変える

大きな渦になっていくと思うのです。

 

もちろん

ドンドン知識情報ばかりを集めて

それで満足しているようでは

そんな化学反応は起こりません。

 

あなたは無力なんかじゃありません。

あなたから

行動や生き方を変えていくのです。

(私はいつも「あなた」を「わたし」に

 置き換えています。そこで謙遜するのは

 謙虚ではないと思うから)

 

でね。

 

ちょっと話は変わるけれど

出版社って

その業界にいた方が立ち上げるか

立ち上げ後、その業界にいた方に

入っていただくことが多いそうです。

 

それなのに私といえば、

経営が分からないだけでなく

出版業界のこと

なんにも知らなくて

姫路みたいな田舎でやっているから

実際にその道の方と

おしゃべりしたこともほとんどなくてね。

 

いまだに

知らない用語もあったりするほどです。

 

だからというか、だけどというか。

 

最近

いまの出版業界はダメだから

あなたが変えてくださいとか

言われることがあるんだけど

すっごーい違和感があるのです。

 

だって、人生を変えてくれた本

大手出版社さまから

どれだけ世に出されていることか。

 

きっとすばらしい皆さまが

著者様と共に

この資本主義の

競争社会の中でしっかりと生き残り

心血注いで世に出し

広げようと努力されてきたはずだし

今もされているはずなのです。

 

どの業界にもあるように

問題はたくさんあるけど

良くしていこうとされている方

たくさんいらっしゃるはずです。

 

たとえば

きちんとお話ししたことはないけれど

FBでお友達になってくださっている

風雲舎の山平社長や

サンマーク出版の鈴木七沖さん

きずな出版の櫻井秀勲さんなんて

投稿を読むたび

尊敬するし憧れます。

(一度どこかでこの想いを

 表明しておきたかったのだ)

 

私、気づいたんだけど

敵なんて

どこにもいないんだよね。

 

自分でつくらないかぎりね。

 

昨日の「33」の人の

特徴なのかもしれないけど

私、ほんとに敵をつくる能力がないみたい。

 

競争社会じゃ致命的なのかもしれないけど

だから、

まだまだ競争原理で動いているいまは

けっこうしんどい時もあるけれど

きっとこれからの世の中では

最大の長所になるはず。

 

もうね。

 

みんな、仲良くしよーよお。

 

ただそれだけです、はい。

 

皆さま、こんな私で、

こんなきれい・ねっとですが

これからもどうぞご一緒に

楽しく遊んでくださいね~♪

 

さ、お仕事に戻ります。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ~♪
****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
https://kilei.net/mail_magazine/

****************************************

この星の未来を創る一冊を