ブログこの星の未来の創り方

きれい・ねっと > ブログ > ひとりごと > 時間という次元

2017.07.12

時間という次元

朝早くに新幹線に乗りました。

(なので、写真入りしにしたい

  高知の話は帰ってからにしますね)

あ、小田原駅を通過したみたいです。

この時間はほとんどがお仕事の移動ですね。


今回は(も)弾丸だけど

たくさんの方にお会いできます。

ありがたいなあと思います。


ふと思うのは

時間がはやくなっているという話


たしか、私がちっちゃい頃は

新幹線で東京行くのに

5時間くらいかかっていたはずで

それが今は3時間なんだから

すごい短縮ですよね。

で、その短くなった2時間で

東京で出来ることが増えて

車中の3時間の間もこうして

スマホでブログが書ける。


そうしていると

仕事のメールが入って

それにお返事して

同時進行で進んでいく。


時間が縮んでいるのか

その時間の濃度が濃くなっているのか

どっちが正解かは分かりませんが

ものすごいスピードで

物事が進んでいくようになっていることは

たしかなように感じます。


だけど

ただ、

速くなってる!

ついていかなくちゃ!っていうのは

ちょっと違っていて


昔なにかで書いたかもしれないんだけど

むしろ人によって

そして、時によって

時間の捉え方が変わるということを

みんなが自覚するようになる

そして、時間という次元を

使いこなせるようになる

ということなんじゃないかなと思うんです。


あ、だから

それがパラレルワールドだったりも

するわけだと思うんです。


なんか、自然の中に入ると

ポッと抜け出せたりね。


スマホからなので

多くは説明できないけど

みんな

ちょっと意識してみるといいかなあなんて

思いつつ

まずは品川に

行ってまいりま~す♪


今日もお読みくださって

ありがとうございます。


愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

この星の未来を創る一冊を