ブログこの星の未来の創り方

2016.10.25

創造の仕組み

おもしろいなあと思うのは
「新しいステージ」と書くと
新しいステージが始まるんだよね。
まだはっきりしたかたちには
なっていないんだけど
心の中にある種が
むくむくと動き出している感じがあります。

 

創造というのは

何にもないところから

突然なされることは決してなくて

すでに在るものが

まず出逢って

混ざり合って

化学反応を起こして

新しいものになるという過程

だろうと思うんですね。

 

この仕組みというのは

ミクロからマクロまで

すべておんなじようになっていて。

 

そして

それが最大限にすばらしい結果となる

その術のことを

おそらく「錬金術」というわけです。

 

で。

 

「いま在るもの」の原初は

それぞれのいのちがもつ固有の

「意識」「想い」

あるいは「エネルギー」です。

 

これが出逢う、ぶつかる、混ざり合うと

ものすごいインパクトがあります。

同質なら

共振共鳴が起こって

大きなインパクトとなり

涙が流れるほど感動します。

 

これが水のエネルギー。

 

ええっと、降りてくるのは

陰であり「吸引」というワードですね。

 

異質であれば

一時的な感情としては

緊張とか恐怖、怒りなんかが

湧いてくるかもしれません。

そこでパーンと離れると

それは創造までの過程の中にある

「破壊」ということになる。

 

でも、というか

だから

そこを超えていくと

より大きく深い、

そしてまったく新しい創造となる。

 

これが火のエネルギー。

 

こちらは陽であり「放出」。

 

宇宙の摂理に従う

火水(かみ)の創造というのは

そういう渦のような営みを

総じて指すということのようです。

 

 

このカバー

あと、日月神示の○にチョンも

それをあらわしてるんだよね。

 

……あれ?

 

なんだか話が壮大になりましたが

要するに

来年に向けて

スケジュールが

ビシバシ入ってきている

ということが言いたかったわけです。

 

これは自然にそうなってきたのだけれど

いろいろな出逢いをいただくときに

肩書きがどうのこうのとか

本を創るという話に

なるかどうかなんていうことは

ほんっとに関係なく

あと、ここがちょっと重要なんだけど

ワクワクとか「だけ」を

基準にしないようにしています。

 

魂的にはワクワクなんだけど

私的にはなんでやねん

というのが

結構あるからね。

 

魂の目標地点に向かう道のりって

そんなものだと思うから

だから

ワクワクをチョイスするというよりは

起こることは

ワクワクなんだと決めておいて

あとはお任せというのが

いいんじゃいなかなと思います。

 

必要なことしか起こらないから^^

 

うーむ。

 

ちょっとややこしいかな。

まあ、そんな日もあるよね。

 

29日の赤塚・舩井出版記念講演会

お客様がまたもや

豪華になりすぎつつある気がします。

特別な時間

まだお席ありますので

ぜひぜひお運びくださいますように。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ~♪
****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
https://kilei.net/mail_magazine/

****************************************

この星の未来を創る一冊を