ブログこの星の未来の創り方

2017.01.07

嬉しいご紹介

「なんでも仙人」シリーズの著者

 

(なんでも仙人byみちこさん)

みやがわみちこさんが
拙著『こころの宝物 幸せなあなたに出逢う旅』

をブログでご紹介くださいました。

 

 

 

アメブロ

http://ameblo.jp/nandemosennin/entry-12235807750.html

gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/nandemosennin/e/2c41b950209f08ccc7b4d67dbd6b5b9c

 

丁寧に大切にお読みくださったことに
感謝の想いが溢れます。

みちこさん、

本当にありがとうございます♪

 

しっちゃかめっちゃかな

生き方しかできてこなかったし

何か大きなことを

ドーンとやったわけでもないのです。

 

いま、目の前にあることを

ただコツコツと

やってきたというか

だって

目の前のこと以外

なんにもできないから。

 

できない自分を責めてしまう

時には人や物を

責めてしまうことだってある

イライラしたり

泣いたり

流されたり

喜びすぎたり

そんな自分もまるごと自分として

感情のすべてを一つずつ味わって

抱きしめて許して

クリーニングして。

 

そうすると

ちょこっと

優しかったりキラキラしてたり

活発でやんちゃだったり

楽しくて仕方ない

そんな私の「本質」みたいなものが

見えてくる。

 

とにかくそんな繰り返し。

 

結局のところ

不器用なんですよね。

そうしないと前に進めない。

うまく対処ができないのです。

 

でも、それをみちこさんは

「丁寧に生きている」と

表現してくださった。

 

それが読み手の心を揺さぶると。

 

本当にほんとうに

涙が出るほど嬉しかった。

 

良い格好しないで

ありのままの自分を

表現して、本当によかった。

 

いま私が思うのは

たくさんの経験を重ねさせていただいた

そのおかげさまで

完全ではあり得ないけれど

すこしは人の心に寄り添える心

そんな魂を

持てるようになったのかも

しれないなということ。

 

 

そして、それぞれのいのちが

独自の色彩で

輝きながら

重なりあいつながりあう

それが

新生地球の姿なんじゃないかなと

そんなことを思うのです。

 

いま

そのためのいろんなアプローチが

いろんな角度から

なされようとしているように思います。

 

そのさまざまを

私だからこそ、の

言葉というステキなツールを使って
それぞれにぴったりの皆さまへと
お届けしていきたいなと
思っています。

 

みちこさんは

ブログの最後に

「山内尚子さんの文章にふれると、

 呼吸が整います」と

書いてくださいました。

 

それがまた

とてもとても嬉しかったのだけれど

それについてはまた

日をあらためて

書いてみたいと思います。

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

追伸その1

2017年1月29日(日)東京にて

きれい・ねっと10周年記念

『日月神示的な生き方』

出版記念講演会&大新年会を開催します♪

 

いよいよ始まった大激変の時代!

しっかりと生き抜いていく方法論を

中矢伸一・舩井勝仁両氏が

それぞれの得意分野から示唆してくださいます。

中矢先生は外部での講演を控えておられるため

大変貴重な機会となります。

ぜひご参加くださいませ♪

 

詳細、お申込みはこちらから

https://kilei.net/event/2017-01-29/

 

追伸その2

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。

(きれい・ねっとの書籍にかぎります)
皆さまぜひぜひご活用くださいませ~♪
****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
https://kilei.net/mail_magazine/

****************************************

この星の未来を創る一冊を