ブログこの星の未来の創り方

きれい・ねっと > ブログ > 魂の約束を思い出すイスラエルの旅 > 【ロトの妻の塩の柱の教訓】#016

2022.12.17

【ロトの妻の塩の柱の教訓】#016

聖書なんて
知らないし興味もない。
.
そう思われるかもしれませんが
現場でお話を聞くと
その世界が
それぞれに必要なかたちで
グンと近づいてきます。
.
.
死海南端付近にあったとされる、
ソドムとゴモラという町。
.
なんとなく、聞いたことがあるかもしれませんね。
.
聖書、創世記18章で
「ソドムとゴモラは罪深いので滅ぼそう」と
神様が言われます。
.
この時、
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教を信仰する
「啓典の民」の始祖アブラハムは、
何とかこの町を救おうと願いますが
残念ながら、
ソドム・ゴモラは滅ぼされてしまいます。
.
ソドムを滅ぼすために
二人の御使いが夕方ソドムに着いた時
門に座っていたロトという人が
彼らを家に迎え入れます。
.
御使いたちは、ロトに
「のがれて、自分の命を救いなさい。
うしろをふりかえって見てはならない。
低地にはどこにも立ち止まってはならない。
山にのがれなさい」。
.
そこで、ロト一家は逃げて助かるのですが
.
「主はソドムとゴモラの上に天から、
主のもとから硫黄の火を降らせ、
これらの町と低地一帯を、
町の全住民、地の草木もろとも滅ぼした。
ロトの妻は後ろを振り向いたので、
塩の柱になった」。
.
.
このロトの妻の塩の柱というのが
死海のほとりにあり
わたしたちの旅でも訪れます。
.
実際に訪れて見る
岩塩の山はとても不思議な光景なのですが
そこを見上げると
なんと10メートルほどの高さの柱が!
.
ロトの妻
なかなか巨大な女性だったのですね……。
.
まあ、当然
このお話は「神話」ですから
この塩の柱はロトの妻ではないのでしょうし
そもそも、ロトという人物が
実在したのかどうかも定かではありません。
.
ちなみにアブラハムは100歳の時に
息子イサクを授かって
175歳まで生きています……すごい。
.
.
神話というのは
子孫に伝えたい大切なことを
物語りにして語り継いできたもの
.
そんなふうに赤塚さんに教えてもらいました。
.
そこから
わたしが思い出したのは
.
東北の震災の時の
「津波てんでんこ」という言葉です。
.
津波が起きたら、
家族のこと、他の人のことは気にせず、
それぞれで高台へ逃げろ
.
共倒れしてしまわずに
いのちを未来へとつなぐために
ご先祖さまが残してくださった
大切な教訓です。
.
.
一説によれば
ロトの妻は、
ソドム人に嫁いだ娘たちを気にして
振り返ったとも言われるそうです。
.
.
振り返っただけで塩の柱にしてしまうなんて
神さま、ひどくない?と
思ってしまう神話ですが
ひょっとしたら
そんな教訓がこめられているのかな
.
そう思うと
神話の読み方、見え方も変わってきますね。
.
.
今日もお読みくださって
心よりありがとうございます。
.
これを読んでくださるあなたが
ただの観光とはまったく違う
遥かなるイスラエルの旅を
ご一緒くださいますように
魂の底から祈っています。
.
2023年6月10~19日
赤塚高仁・山内尚子と行く
魂の約束を思い出すイスラエルの旅
詳細・お申込みページは
現在準備中ですので
すでに行こう!と決められているあなたは
直接わたしまで
メッセージをいただけましたら幸いです。
.
本日の写真は
ロトの妻の塩の柱
.