ブログこの星の未来の創り方

2021.02.03

立春大吉

立春というのは
二十四節気の第一であり旧暦の新年。

いつだったか読んだ本の中に
「春が産声をあげる日」という表現があって
素敵な日だなと思ったことをよく覚えています。

きっと後になって
時代の分岐点と呼ばれることになるだろう
今このとき。

それをどのように捉え
どのように生きていけば
存分に味わい楽しめるのかということを

さまざまな視点から
まあ、もう
独断と偏見たっぷりに書いていこうという
このブログのスタートに
このうえなくピッタリだなと思い
今日から書き始めることにしました。

……で

これで終わっちゃったら
おもしろくもなんともないので
ちょっとひとつ
いま大事だなと思うことを書いてみます。

ブログタイトルを
「こころの宝物」から
「この星の未来の創り方」へと
変更したのですが

これって実は
すごく大きな変化なのです。

どういう変化かというと

「受動」から「能動」への意識の変化。

目の前で起こる出来事を
宝物にしていきましょう

というのと

この星の未来
自分自身といういのちの未来を
自ら創造していきましょう

という違い。

まったく同じ状況下にあっても
この違いによって
何もかもがまったく違うのです。

言い方を変えると
この意識の変化こそが

「生まれる」

ということなのかもしれません。



立春大吉
この良き日から
そんな意識の変化のきっかけともなるような
発信を始めていこうと思います。

あらためまして
どうぞよろしくお願いいたします♪

愛と感謝をこめて。
きれい・ねっと 山内 尚子 拝

【この星の未来の創り方001】

この星の未来を創る一冊を