ブログこの星の未来の創り方

きれい・ねっと > ブログ > 魂の約束を思い出すイスラエルの旅 > 【ペテロの変容、その1  イエスとの出逢い】#053

2023.01.23

【ペテロの変容、その1  イエスとの出逢い】#053

荒野での40日の断食を終えて
ついにイエスさまの
伝道の旅が始まります。
.
ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」などで
ご覧になったことがあると思いますが
イエスさまには12人の弟子がいました。
.
その弟子たちのリーダーが
ペテロという人でした。
.
ローマカトリック教会では
ペテロが初代教皇とされています。
(ユダヤ人の教皇はペテロだけです)
.
イエスと出逢い、
イエスに従い、
イエスと暮らし、
イエスと旅し、
イエスと伝道したペテロ。
.
彼の成長と変容こそ、聖書の希望だと
赤塚さんは言います。
.
今日からは
そんなペテロの変容の様子を通じて
イエスさまの伝道を
辿ってみたいと思います。
.
ペテロの目線、考え方、行動
そして、イエスさまの言葉によって
それらが変化していく様子には
.
「あっ!それって今のわたしのことかも!」と
ハッとするところが
本当に多いのですよね。
.
それでは
『ユダヤに学ぶ変容の法則』から
引用していきますね。
.
今回はほとんどが
聖書の言葉になりますが
情景を想像しながら
読んでみてくださいね。
.
(引用ここから)
.
ガリラヤ湖畔に
カペナウムというところがあり、
そこにシナゴーグがありました。
.
シナゴーグとはユダヤ教の会堂であり、
安息日にはトーラー(聖書)を読み、
祈りを捧げる聖なる場です。
.
ペテロは、
シナゴーグの前に家を持つ漁師で、
妻とその母、
そして兄アンデレと一緒に住んでおり、
イエスはその家に
しばしば滞在していました。
.
イエスは、
シモン(浮き草)と呼ばれていた弟子を
ペテロ(岩)と名づけ、
格別に愛しました。
.
そんなペテロと
イエス・キリストとの出逢いの場面を、
聖書はこう書いています。
.
「さて、群衆が
 神の言葉を聞こうとして
 押し寄せてきたとき、
 イエスはゲネサレ湖畔に立っておられたが、
 そこに2艘の子船が
 寄せてあるのをごらんになった。
.
 漁師たちは舟からおりて網を洗っていた。
 その一艘はシモンの舟であったが、
 イエスはそれに乗り込み、
 シモンに頼んで岸から群衆にお教えになった。
.
 話がすむとシモンに、
 「沖へこぎ出し、網をおろして
 漁をしてみなさい」と言われた。
.
 シモンは答えて言った。
 「先生、私たちは夜通し働きましたが、
 何も取れませんでした。
 しかし、お言葉ですから
 網をおろしてみましょう」。
.
 そして、そのとおりにしたところ、
 おびただしい魚の群れがはいって
 網が破れそうになった。
.
 そこでもう一艘の舟にいた仲間に
 加勢にくるように合図をしたので、
 彼らが来て魚を両方の舟いっぱいに入れた。
.
 そのために舟が沈みそうになった。
.
 これを見てシモン・ペテロは、
 イエスのひざ元にひれ伏して言った。
.
 「主よ、わたしから離れてください。
 わたしは罪深いものです」。
.
 彼も一緒にいた者たちもみな、
 取れた魚がおびただしいのに驚いた。
.
 するとイエスがシモンに言われた。
.
 「おそれることはない。
 今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」。
.
 そこで彼らは舟を陸に引き上げ、
 いっさいを捨ててイエスに従った。」
(ルカによる福音書5-1~11)
.
(引用ここまで)
.
以前にも書きましたが
カペナウム、実際に訪れますから
どうぞお楽しみになさってください。
.
そして、この物語の
ガイド赤塚による読み解きは明日
そちらも
どうぞお楽しみになさってくださいね。
.
今日もお読みくださって
心よりありがとうございます。
.
これを読んでくださるあなたが
ただの観光とはまったく違う
遥かなるイスラエルの旅を
ご一緒くださいますように
魂の底から祈っています。
.
2023年6月10~19日
赤塚高仁・山内尚子と行く
魂の約束を思い出すイスラエルの旅
詳細・お申込みページは
数日内に公開予定です。
.
すでに行こう!と決められているあなたは
お早めに直接わたしまで
メッセージをいただけましたら幸いです。
.
.
追伸
旅をご一緒くださるあなたには
事前に赤塚高仁の集大成となる2冊
『ユダヤに学ぶ変容の法則』
『あなたに知らせたい 日本という希望』を
プレゼントさせていただきます!
.
実は、赤塚さんから
このツアーに参加してくださる仲間たちへ
さらに超豪華なプレゼントの
お申し出もいただいています。
近々、それも発表しますね!
.
本日の写真は
「ペテロフィッシュ」
税金を納めるために
現金が必要となったイエスさま
ペテロにガリラヤ湖で
魚を釣るようにと言いました。
最初に釣れた魚の口を開けると
銀貨が1枚見つかるから、
それを税金として納めるよう、命じたのです。
このエピソードにちなんだお魚料理
見た目はちょっとアレなのですが
白身で美味しいです。
あと、時々銀貨が入っていて
当たるとかなーり嬉しいです。
みんなで食べましょうね!
.