ブログこの星の未来の創り方

2023.01.22

【神の国が近づいている】#052

今日2023年1月22日は、日本でいうと
室町時代以来というくらいに
月が地球に接近するという
とても特別な新月なのだそうです。
.
そんなことは知らずに
このあたりで
書こうと決めていたわけですから
今日の記事はよほど大切なメッセージを
含んだお話なのだと思います。
.
ちょっとややこしく感じるかもしれませんが
メッセージはとてもシンプルなので
知識的なところは
分からなくても大丈夫なので
どうぞ最後までお読みくださいね。
.
さて、何度か書いてきたとおり
イエスさまが生きられた時代は
イスラエルに滅亡の足音が
もうすぐそこまできていた頃でした。
.
イエスさまが十字架にかけられた
40年後にユダヤ民族の国は
滅びるのでしたね。
.
そんなとき
すい星のごとく現れたのが
洗礼者ヨハネという人物でした。
.
ちなみに、ヨハネは
イエスさまより少し前に生まれた
イエスさまのいとこです。
.
そんなイエスさまもヨハネも
エッセネ派出身だと思われる
というお話も、少し前にしましたね。
.
イエスさまは
エッセネ派を出てエルサレムへと
向かっていかれることになるわけですが
.
エッセネ派の出身であっても
エッセネ派の教えを
広げようとされたのではなく
.
もっと広やかな
神の道、愛の道に生きられ
それを伝えられたに違いないと
わたしは思っています。
.
今日からの『ユダヤに学ぶ変容の法則』引用は
聖書を読んだことがなかったり、
このあたりのことをまったく知らないと
ちょっと分かりにくいかもしれません。
.
なるべく分かりやすいよう
引用部分をちょっと編集したりもしますが
.
もしよかったら
というか、
この記事に出会っちゃったあなたは
ぜひ本書をきちんと読んでみてくださいね。
.
ユダヤに学ぶ変容の法則
今、この時代は
ただ与えられるのを待つだけではなくて
自分で動くことが
大切な時代でもありますから。
.
では、抜粋引用を始めます。
.
(引用ここから)
.
洗礼者ヨハネは、
エッセネ派の一員として信仰を学び、
ヨハネ教団を率いていたと思われます。
.
やがて来る「メシア」を待ち望んで、
その道を備えることが
自分の使命だと信じ、
荒野を流れるヨルダン川で
「神の国が近づいている。悔い改めよ」と叫び、
人々に洗礼を授け続けたのです。
.
待ち焦がれていた
預言者がついに現れたという情報は、
ユダヤ全土に広がってゆきました。
.
ユダヤ人であれば
誰もが知っている
イザヤ書の言葉を思い浮かべたはずです。
.
「呼ばわる者の声がする、
 「荒野に主の道を備え、
 さばくに、われわれの神のために、
 大路をまっすぐにせよ」。
          (イザヤ書40-3)
.
その言葉通りに
荒野に姿を現した預言者ヨハネを、
ユダヤの民が
どんな気持ちで迎えたのかは
想像に難くありません。
.
そして、そのヨハネが
次にやってくるメシアを預言したのですから
イスラエルは熱狂しました。
.
これから出現するという
神の国に入るため、
人々は続々とヨハネのところに行って
洗礼を受けました。
.
その声はもちろん、
ガリラヤの田舎町ナザレにも
届いたことでしょう。
.
その声を聞き、
イエスは家族を捨て、
家を出て、荒野に向かったのです。
.
イエスはヨルダン川で
洗礼者ヨハネに洗礼を授けてもらい、
荒野で40日40夜、断食をし、
悪魔の試みを受けたと
聖書には書かれています。
.
しかし、クムラン教団や
エッセネ派については
まったく書かれていない新約聖書には、
イエスが荒野に向かった理由は
一切記されていません。
.
イエスは神を信じる
強い信仰の持ち主でしたが、
パリサイ派やサドカイ派といった
ユダヤ教主流派のあり方には
疑問を持っていました。
.
その魂は飢え渇いていたことでしょう。
.
イエスが自分の来るべき運命を
どのくらい自覚していたのかということは、
聖書には書かれていません。
.
しかし、荒野で叫ぶ洗礼者ヨハネの声に、
イエスは何かを感じたのです。
.
そして、すべてを捨てて、
新しい道を歩き出すという決心をしました。
.
貧しい家で、
働き盛りの大黒柱がいなくなるのですから、
家族が賛同したとは思えません。
.
マルコによる福音書3章には、
「身内のものたちは
 イエスを気が狂っているとして
 軽蔑していた」とはっきり書かれています。
.
イエスは、洗礼者ヨハネから洗礼を受けた後、
彼らのグループに入ったと思われます。
.
すなわちエッセネ派で修行したのです。
.
もちろん、これらのことは
新約聖書には一切書かれていません。
.
現地で私の魂が感じた風景です。
.
それが聖書に書かれている
40日の荒野での断食のことだと
私は感じているのです。
.
(引用ここまで)
.
このお話の真偽については、
とにかく
いったん置いておいてほしいのです。
.
いま、わたしたちにも
「神の国が近づいている」と
わたしは感じています。
.
なぜならば
これまで何度も書いてきたとおり
.
わたしたちの国、日本は
「魂の戦争」をしているから
.
そして、
変容の前には
必ず危機が先行するから。
.
イエスさまは
洗礼者ヨハネの声を通して
内側から湧き上がるものを感じ
家族に狂っていると思われても
その声に素直に、しかもすぐに従った。
.
イエスさまの行動が
その後ろ姿が
わたしたちの道を
照らしてくださっているように
わたしには感じられるのです。
.
もちろんそれを
感じ取るかどうか
また、どんなことを感じるのかは
わたしたち一人ひとりに
委ねられています。
.
だって、
わたしたちの道は
与えられた教えのとおりを守る
宗教ではないのですから。
.
.
今日もお読みくださって
心よりありがとうございます。
.
これを読んでくださるあなたが
ただの観光とはまったく違う
遥かなるイスラエルの旅を
ご一緒くださいますように
魂の底から祈っています。
.
2023年6月10~19日
赤塚高仁・山内尚子と行く
魂の約束を思い出すイスラエルの旅
おまたせしている
詳細・お申込みページ
数日内にオープンできそうです!
.
すでに行こう!と決められているあなたは
直接わたしまで
メッセージをいただけましたら幸いです。
.
.
追伸
旅をご一緒くださるあなたには
事前に赤塚高仁の集大成となる2冊
『ユダヤに学ぶ変容の法則』
『あなたに知らせたい 日本という希望』を
プレゼントさせていただきます!
.
実は、赤塚さんから
このツアーに参加してくださる仲間たちへ
さらに超豪華なプレゼントの
お申し出もいただいています。
近々、それも発表しますね!
.
本日の写真は
ヨハネから洗礼を受けるイエスさま
アジア人だってばーと思うけど
こういう感じの絵しかないのもまた
感じてもらえればいいかなと。
上に白鳩がいますよね。
これ、シンボルなのですよね。
.

『魂の約束を思い出すイスラエルの旅』一覧はこちら
https://kilei.net/blog/journey-to-israel/
.