ブログこの星の未来の創り方

きれい・ねっと > ブログ > ひとりごと > 変容のスイッチをオンにする

2021.12.31

変容のスイッチをオンにする

いろいろあって

なんと大みそかとなりました。

 

わりと最近、ある方から

「尚子さんは普通なら年単位でやることを

 数カ月でやっちゃいますよね」

と言われたのですが

 

この数カ月もそんな感じで

何年かかかって検討したり

準備を進めていくようなことを

ドドドーッと進める日々を過ごしていました。

 

もちろん、ちゃんと休息や遊び

大好きな人たちとの旅なんかもありながら、です。

 

そして、そのうえで迎えた大みそかは

47年間生きてきて

たぶんいちばん健やかで穏やかなのだから

わたしは今、とても幸せなんだなあと

しみじみしてしまいます。

 

「変容」という言葉を使い始めたのは

『新生地球の歩き方』を創る

もうちょっと前からなので

かれこれ10年ほどは言い続けていることになります。

 

10年間も意識し続けてきただけあって

いま思えば

誰よりも……って比べられるようなものじゃないけれど

とにかく大きな変容を遂げたのは

わたし自身なのに、違いありません。

 

 

 

でも、いえ、だからこそ

明日から始まる新しい一年は

そのうえでもう一歩

大きく踏み出してみたいと願っています。

 

だって、いただいたこの生命

思いっきり楽しまないともったいないんだもの。

 

でもね。

 

それって一人じゃあつまらないのです。

 

分かれて生まれたのは、出逢うため。

 

大好きな皆さま

あなたに出逢えて

本当に幸せな一年を過ごすことができました。

 

たくさん遊んでくださって

心からありがとうございました。

 

来年は変容のスイッチをオンにして

ご一緒に今年以上に思いっきり楽しみ

かけがえのない今この時を

大切に歩んでいくことができれば

これほど嬉しいことはありません。

 

年明けから様々なかたちで

お知らせをしてまいりますので

どうぞお楽しみになさってくださいね。

 

それでは、どうぞ皆さま

心穏やかな年の瀬を、

そして輝かしい新年をお迎えくださいますように。

 

とびきりの愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

【この星の未来の創り方025】

この星の未来を創る一冊を