ブログこの星の未来の創り方

2022.12.13

【終わらない兄弟げんか】#012

ユダヤ人の国イスラエルは
イエスさまが十字架にかけられた
40年ほど後に
最後の砦、マサダが陥落し
滅亡してしまいます。
.
そして、長い長い流浪の時期
ホロコーストをはじめとする
信じられないような迫害を経て
ついに1948年
初代大統領ダビッド・ベングリオンによって
建国宣言がなされるのです。
.
そうそう
以前ご紹介した
戦後すぐの日本に
書簡を送ってくださったのが
このベングリオンです。
.
わたしたちの旅では
その友好の意に感謝して
ベングリオンの最後の住まい
そして、ベングリオンのお墓も訪れます。
.
ユダヤ民族が流浪している間
この地にはアラブ民族が暮らしてきました。
.
つまり、ユダヤ人同様
パレスチナ地域(イスラエルあたり一体のこと)は
彼ら(イスラム教徒)にとっても
祖国の地であり、聖地なのです。
.
ついでに言うと
イエス・キリストが生涯を過ごした地ですから
キリスト教徒にとっても聖地。
.
.
わたしたち日本人には
なかなか理解しがたいところなのですが
聖地というのは
命をかけて守るべきものなのですね。
.
.
ただ、知らない方も多いのですが
キリスト教もイスラム教も
実はユダヤ教がベースの宗教です。
.
細かいところを話し始めると
長くなってしまうので
ものすごく簡単に説明すると
3つの宗教すべてが旧約聖書の
(ユダヤ教には新訳はないので「聖書」)
教えを大切にしています。
.
ユダヤ教は
まだ救世主を待っていて
.
キリスト教は
イエスを救世主としていて
(「キリスト」は「救世主」のこと)
.
イスラム教は
アダム・ノア・アブラハム・モーセ
そしてイエス!などの預言者たちが説いた教えを、
最後の預言者であるムハンマドが
完全な形にしている……。
.
だから
中東戦争や
今も起こり続けている紛争というのは
.
ぶっちゃけたら
水に流せない民族たちによる
延々と続く
どちらが悪いとも言い難い
兄弟げんかなのです……。
.
.
でも
どちらが悪いとも言い難いはずなのに
ガザ地区の爆撃の様子などが
報道されるたびに
わたしたちはなんだか
イスラエルだけが悪者であるように
思ってしまいますよね。
.
実はそれ
原油を輸入していることから
アラブ諸国を悪く言えないこと等による
日本の偏向報道のせいなのです。
.
(これ、いまのウクライナ問題にも
同じことが言えます)
.
イスラエルの中は
驚くほど平和で
コロナ禍の前も後も
世界中からの観光客でにぎわっています。
.
3つの宗教の聖地エルサレムでは
(エル・シャローム=平安の都=平安京!)
宗教の違う人々が
それぞれに居住地をもって
絶妙なバランスで暮らしている様子を
垣間見ることができます。
.
.
日本で得られる情報が
いかに偏ったものであるのか
すなわち
操作されているものであるのかということが
.
イスラエルを実際に感じてみることで
はっきりと分かってきます。
.
わたしたちが
一生懸命覚えてきた
教科書に載っていた常識たちが
ガラガラと音を立てて崩れていき
.
そしてわたしたちは
ようやく
本当の自分を生き始めるのです。
.
.
今日もお読みくださって
心よりありがとうございます。
.
これを読んでくださるあなたが
ただの観光とはまったく違う
遥かなるイスラエルの旅を
ご一緒くださいますように
魂の底から祈っています。
.
2023年6月10~19日
赤塚高仁・山内尚子と行く
魂の約束を思い出すイスラエルの旅
詳細・お申込みページは
現在準備中ですので
すでに行こう!と決められているあなたは
直接わたしまで
メッセージをいただけましたら幸いです。
.
本日の写真は
平安の都、エルサレム
.
公式サイトはこちら
https://israel2023.kilei.net/
.
『魂の約束を思い出すイスラエルの旅』一覧はこちら
https://kilei.net/blog/journey-to-israel/