ブログこの星の未来の創り方

きれい・ねっと > ブログ > 魂の約束を思い出すイスラエルの旅 > 【お金のいらない世界、キブツ】#015

2022.12.16

【お金のいらない世界、キブツ】#015

イスラエルの砂漠のことは
「荒野(あらの)」というふうにも言います。
.
旅の移動にはバスを使いますが
(バスの中ではガイドの
笑いあり涙ありのお話が繰り広げられます。
ある意味、本当に贅沢な旅です)
本当にどこまでも荒野が続きます。
.
そんな荒野に中に忽然と現れる緑のオアシス。
.
死海のほとりにあるキブツ「エンゲディ」です。
.
滝沢泰平さんによる
『宇宙学校』を少し引用しますね。
.
「KIBBUTZ(キブツ)」とは
ヘブライ語で「集団・集合」を意味する
言葉であり、
イスラエルで生まれた
「共同体(コミュニティ)」のこと。
.
ユダヤ人たちは国家再建の夢を
実現させようと願い、
その第一歩として農地を買って、
風土病(マラリヤ)などとも戦いながら、
血のにじむような努力の中で生活をして
キブツを発展させていきました。
現在では国境地域を中心に
約270のキブツが存在し、
総勢は15万人以上ともいわれています。
.
農地開拓から始まった
キブツのメインの産業はやはり農業。
その生産技術は国際的にも
最高の水準を保っており、
人口のわずか3%に過ぎないキブツで、
イスラエルの農産物の
実に40%が生み出されています。
.
そしてここからは、
赤塚高仁さんによる
『ユダヤに学ぶ変容の法則』からの引用です。
.
キブツ「エンゲディ」に入ると、
立派なバオバブの木が出迎えてくれます。
.
サン=テグジュペリの
『星の王子様』に登場する
アフリカ原産のバオバブですが、
そうやすやすと
本物にお目にかかれることはないでしょう。
.
色とりどりの花が咲き乱れる
天国のようなこの地も、
もともとは砂漠。
緑があるところは、
すべて人間の手が入っているのです。
.
キブツに暮らす人たちは皆、
驚くほど生き生きとしています。
.
それはきっと、
それぞれが誰かの役に立っていることが、
生きがいにつながっているからだと思います。
.
働き盛りの有能な人たちだけではなく、
たとえば、
年老いて農作業ができなくなった老人は、
家事や子育てを手伝ったり、
子どもたちや若い人たちに話を聞かせることで
キブツの役に立っています。
.
キブツでは役に立っていることのすべてが
労働としてカウントされ、
生活に必要な一切のものが支給されるのです。
.
キブツの中にいるかぎり、
お金を目にすることはありません。
お金がなくとも、
老若男女すべての人たちが
豊かに生き生きと暮らしている世界が、
そこにはたしかに存在しているのです。
.
そんな世界を目にした時、
あなたは何を感じますか?
.
いま、日本人のほとんどが
「お金がなければ生きていけない世界」に
暮らしています。
.
しかしお金というものは、
いつ価値を失い、
紙くず同然になるか分からない、
いわば幻のようなものです。
.
日本の都会に生きる人たちは、
もしもお金が使えなくなってしまったら、
一体どうなるのでしょう。
.
「買う」という消費だけで
命をつないできた人たちは、
どうやって生きてゆけばよいのでしょうか。
.
今こそ
「人間が生きていくのに
本当に必要なものは何か?」
ということを
一人ひとりが真剣に考える時です。
.
.
今日もお読みくださって
心よりありがとうございます。
.
これを読んでくださるあなたが
ただの観光とはまったく違う
遥かなるイスラエルの旅を
ご一緒くださいますように
魂の底から祈っています。
.
2023年6月10~19日
赤塚高仁・山内尚子と行く
魂の約束を思い出すイスラエルの旅
詳細・お申込みページは
現在準備中ですので
すでに行こう!と決められているあなたは
直接わたしまで
メッセージをいただけましたら幸いです。
.
本日の写真は
キブツエンゲティのバオバブの木
.

『魂の約束を思い出すイスラエルの旅』一覧はこちら
https://kilei.net/blog/journey-to-israel/
.